債務整理

借金の返済が苦しくなった方(非事業者の個人の方)はいらっしゃいませんか?

借金・債務整理という手続をとれば、苦しい借金生活から解放されます。
借金・債務整理の方法には、主に、自己破産(個人)、民事再生(個人再生)、任意整理の3つがあります。
どの手続を選択するかは、借入の状況、家計の収支、お客様のご希望などを踏まえたうえでの判断となります。

また、払いすぎた利息を取り戻す過払い金返還請求について検討されている方はいらっしゃいませんか?

過払い金が返ってくれば、生活の大きな助けになると思います。
しかし、過払い金返還請求には、10年で時効にかかってしまうといった問題もあるため、早めに回収に着手することが望まれます。

あるいは、5年や10年以上返済していなかった借金について、最近になって突然請求を受けてお困りの方はいらっしゃいませんか?

金融業者からの借金は、銀行や消費者金融などからの借入については5年、信用金庫や保証協会などからの借入については10年で時効にかかり(消滅時効)、適切な時効援用の意思表示を行うことで、返済の義務を免れることができます。

八戸シティ法律事務所では、これまでに、自己破産(個人)、民事再生(個人再生)、任意整理、過払い金返還請求、消滅時効の援用のいずれも、数多くご相談・ご依頼をお受けして、解決して参りました。
これらの借金・債務整理の問題でお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽に八戸シティ法律事務所にご相談・ご依頼いただければと存じます。
経験豊富な弁護士が、しっかりとご対応させていただきます。
なお、借金・債務整理に関する相談は、初回無料です。

●あなたに合った債務整理の方法は?

自己破産(個人)

自己破産とは、借金・債務整理の方法のうち、一定の生活用品・金銭を除く財産を失う代わりに、借金を免除してもらう手続です。
お客様の代理人となって、自己破産の手続を行います。

●自己破産(個人)について
●同時廃止事件と管財事件について
●免責許可事由について
●借金の原因がギャンブルや浪費でも自己破産できるのか?
●自己破産をすればすべての財産を失ってしまうのか?
●自己破産をすればすべての借金を免除されるのか?
●自己破産をすれば家族や職場に知られてしまうのか?
●自己破産(個人)の成功事例1
●自己破産(個人)の成功事例2

●借金・債務整理に関する弁護士費用

民事再生(個人再生)

民事再生(個人再生)とは、借金・債務整理の方法のうち、借金の額を大幅に減額し、3年かけて分割して返済していく手続です。
お客様の代理人となって、民事再生(個人再生)の手続を行います。

●民事再生(個人再生)について
●民事再生(個人再生)が適用できるか?(かんたん診断)
●小規模個人再生と給与所得者等再生の選択について
●ローンで購入した住宅を持ち続けたままの民事再生(個人再生)は可能か?
●住宅資金特別条項付個人再生をする場合の住宅に関する決まり
●住宅資金特別条項付個人再生をする場合の住宅ローンに関する決まり
●住宅資金特別条項付個人再生をする場合に住宅ローンの支払も軽減できるか?
●民事再生(個人再生)をすれば財産を失ってしまうのか?
●民事再生(個人再生)をすれば家族や親族に知られてしまうのか?
●民事再生(個人再生)の成功事例1
●民事再生(個人再生)の成功事例2

●借金・債務整理に関する弁護士費用

任意整理

任意整理とは、借金・債務整理の方法のうち、金融業者と交渉して、利息のカット、月々の返済額の減額などを求め、3~5年かけて分割して返済していく手続です。
お客様の代理人となって、任意整理の手続を行います。

●任意整理について
●任意整理をすれば財産を失ってしまうのか?
●任意整理をすれば家族や職場に知られてしまうのか?
●任意整理の成功事例1
●任意整理の成功事例2

●借金・債務整理に関する弁護士費用

過払い金返還請求

過払い金とは、金融業者に払いすぎた利息のことをいいます。
お客様の代理人となって、金融業者との交渉、訴訟(裁判)によって、過払い金を取り戻します。

●過払い金返還請求について
●完済した方の過払い金返還請求について
●アコムの過払い金返還請求について
●プロミスの過払い金返還請求について
●レイクの過払い金返還請求について
●アイフルの過払い金返還請求について
●CFJの過払い金返還請求について
●過払い金返還請求の成功事例1
●過払い金返還請求の成功事例2

●借金・債務整理に関する弁護士費用

消滅時効の援用

消滅時効とは、金融業者からの借金が、5年(銀行や消費者金融などからの借入の場合)または10年(信用金庫や保証協会などからの借入の場合)で時効にかかり、適切な時効援用の意思表示を行うことで、返済の義務を免れることができる制度のことを言います。
お客様の代理人となって、古い借金について消滅時効の援用の手続を行います。

●消滅時効の援用について

●借金・債務整理に関する弁護士費用