特許権、著作権、商標権などの侵害をめぐるトラブル、不正競争防止法に基づく措置の関係、ライセンス契約に係る契約書の関係など、知的財産に関することでお困りの企業・法人の方はいらっしゃいませんか?

近年では、企業・法人が所有する知的財産を適切に管理・活用していくことの重要性が高まっています。知的財産を適切に管理・活用していくことで、企業・法人が急成長を実現することが可能となります。一方で、取引先等との関係では、自社が所有する知的財産の保持を図るための対策を講じることが必要となります。また、知的財産権の侵害をめぐる紛争事案も増加しており、法的トラブルに巻き込まれるリスクも高まっています。

特許権とは、有用な発明をした発明者が特許の申請をすることで、一定期間、その発明を独占的に使用できる権利のことを言います。著作権とは、自己の文芸・美術・音楽などの著作物について、複製・翻訳・上演などを独占できる権利のことを言います。商標権とは、商品や役務の出所を識別可能とするための標識(文字、図形、記号など)について、商標の登録をすることで、該当する商品や役務について登録商標の使用を独占し、他社の類似する商標の使用を排除できる権利のことを言います。そして、知的財産権の活用方法の一つとして、ライセンス契約によるビジネスが存在します。

不正競争防止法とは、事業者間の公正な競争等を確保するため、不正競争の防止および不正競争に係る損害賠償に関する措置等を定めた法律です。不正競争防止法では、他人の商品形態を模倣する商品の提供、営業秘密の侵害、信用毀損行為などが規制対象とされ、差止請求権や損害賠償請求権などの民事的措置のほか、刑事的措置としての罰則などが規定されています。

八戸シティ法律事務所では、以上のような知的財産関係について、法的サービスを提供させていただいております。例えば、特許権、著作権、商標権などの知的財産権の侵害をめぐる交渉や訴訟、不正競争防止法に基づく措置への対応、ライセンス契約に係る契約書のチェックや作成などを承っております。

知的財産関係の問題についてお悩みの企業・法人の方がいらっしゃいましたら、お気軽に八戸シティ法律事務所にご相談いただければと存じます。

●民事事件(一般)に関する弁護士費用
●契約書に関する弁護士費用