契約書

契約書に関する法的リスクへの備えは万全ですか?

ビジネスでは、契約書は必要不可欠のものです。契約書に押印した当事者は、契約書に記載されている内容に拘束されます。自社に有利な内容であっても、自社に不利な内容であってもです。契約書を取り交わす際には、内容を十分に検討したうえでなければ、将来的に自社に大きな損失をもたらすリスクをはらんでいます。

契約書のチェックや作成に当たってのポイントについて、このページの下の方のリンク先各ページで解説していますので、参考にしていただければと思います。ただし、望ましい契約書の姿は、その契約を締結する背景などによってケースバイケースです。万全を期すためには、契約書の内容について、専門家である弁護士にご相談いただくのがベストと言えます。

八戸シティ法律事務所でも、企業・法人の皆様から、個別具体的な契約書のチェックや作成のご相談・ご依頼をいただくことが多いです。このようなご相談・ご依頼をいただいた場合は、お客様にとって不利な内容ではないか、将来的な法的紛争を防止するためにはどのような条項を加えればよいか、盛り込むべき条項に漏れはないかなど、様々な観点からチェックを行い、お客様が安心して取引に臨めるようにサポートして参ります。

契約書の内容について不安をお持ちの企業・法人の方がいらっしゃいましたら、お気軽に八戸シティ法律事務所にご相談いただければと存じます。

●契約書に関する弁護士費用

契約書についてはこちらもご覧下さい

●契約書でお悩みの企業・法人の方へ
●契約書のチェックポイント
●契約書作成の注意点
●契約書作成を弁護士に依頼するメリット
●契約書をめぐるトラブルへの対処法