同時廃止事件と管財事件

自己破産には、同時廃止事件と管財事件の2つがあります。管財事件とは、高価な財産がある場合、免責不許可事由(●免責不許可事由について)に該当する場合などに、裁判所が選択する手続です。管財事件とならなかった事案については、同時廃止事件となります。

同時廃止事件の手続

同時廃止事件の手続としては、裁判所に自己破産の申立てをしたあと、破産審尋、破産手続開始決定、免責審尋、免責決定の流れで手続が進行します。破産審尋とは、裁判官との面接であり、借金をした経緯、返済ができなくなった理由などを質問されます。破産審尋が終わると、裁判所から破産手続開始決定が出され、約3か月後に免責審尋が行われます。免責審尋とは、裁判官との面接であり、免責不許可事由(●免責不許可事由について)がないかどうかなどを質問されます。免責審尋が終わると、裁判所から免責決定(借金の免除を許可する決定)が出されます。なお、破産審尋、免責審尋は、省略される場合もあります。

管財事件の手続

管財事件の手続としては、裁判所が破産手続開始決定の後、破産管財人を選任します。そして、破産管財人が自己破産に至る経緯・現在の生活状況の調査、財産の処分、配当などの手続を行います。その上で、免責審尋、免責決定という流れで手続が進んでいきます。管財事件では、破産申立てのとき、破産管財人の報酬予定額を裁判所に納付する必要があります(20万円~)。また、管財事件となった場合には、同時廃止事件よりも、手続は終わるまでの期間が長くなることが多いです。

【ご相談ください】
借金についてお悩みの方、まずはご相談ください。借金・債務整理に関する相談は、初回無料です。

ご依頼いただければ、弁護士が金融業者に対して依頼を受けた旨を通知します。そうすると、お客様に対する取立がストップし、以後、弁護士がお客様の代理人として、お客様に代わって、借金・債務整理の手続を進めていきます。

●借金・債務整理に関する弁護士費用

借金・債務整理の方法には、自己破産(個人)のほかに、民事再生(個人再生)、任意整理があります。

●民事再生(個人再生)について
●任意整理について

どの手続を選択するかは、各手続のメリット、デメリットを踏まえ、借入の状況、家計の収支、お客様のご希望などをお聞きしたうえで判断します。

自己破産(個人)についてはこちらもご覧下さい

●自己破産(個人)について
●同時廃止事件と管財事件について
●免責許可事由について
●借金の原因がギャンブルや浪費でも自己破産できるのか?
●自己破産をすればすべての財産を失ってしまうのか?
●自己破産をすればすべての借金を免除されるのか?
●自己破産をすれば家族や職場に知られてしまうのか?
●自己破産(個人)の成功事例1
●自己破産(個人)の成功事例2