青森・八戸の弁護士なら八戸シティ法律事務所

八戸シティ法律事務所の住所・電話番号

プライバシーポリシー

  • HOME
  • 取扱業務
  • ローンで購入した住宅を持ち続けたままの民事再生(個人再生)は可能か?

ローンで購入した住宅を持ち続けたままの民事再生(個人再生)は可能か?

民事再生(個人再生)ではローンが残っている住宅を残せるか?

自己破産の場合であれば、住宅ローンが免責(債務の免除)となる一方で、住宅は競売にかけられるか、破産管財人が任意売却を試みることとなるため、手放さなければならないのが原則です。これに対して、民事再生(個人再生)では、一定の要件を満たした場合には、住宅ローンに限って債務の減額をせずにそのまま支払を続け、住宅を手放さずに手元に維持することが可能となります。

住宅資金特別条項付個人再生とは

上記のように、民事再生(個人再生)において、住宅ローンに限って債務の減額をせずに支払を続けて住宅を手元に維持する方法を、住宅資金特別条項付個人再生と言います。借金の返済が困難になったものの、民事再生(個人再生)によって他の債務を減額できれば、住宅ローンを支払い続けることが可能な収支状況である場合には、住宅資金特別条項付個人再生の活用を検討すべきでしょう。

関連ページ
→ 住宅資金特別条項付個人再生をする場合の住宅に関する決まり
→ 住宅資金特別条項付個人再生をする場合の住宅ローンに関する決まり
→ 住宅資金特別条項付個人再生をする場合に住宅ローンの支払を軽減できるか?

【ご相談ください】
借金についてお悩みの方、まずはご相談ください。借金・債務整理に関する相談は、初回無料です。
 
ご依頼いただければ、弁護士が金融業者に対して依頼を受けた旨を通知します。そうすると、お客様に対する取立がストップし、以後、弁護士がお客様の代理人として、お客様に代わって、借金・債務整理の手続を進めていきます。
 
→ 借金・債務整理に関する弁護士費用
 
借金・債務整理の方法には、民事再生(個人再生)のほかに、自己破産(個人)、任意整理があります。
 

どの手続を選択するかは、各手続のメリット、デメリットを踏まえ、借入の状況、家計の収支、お客様のご希望などをお聞きしたうえで判断します。

民事再生(個人再生)についてはこちらもご覧下さい

民事再生(個人再生)について 民事再生(個人再生)が適用できるか?(かんたん診断)
ローンで購入した住宅を持ち続けたままの民事再生(個人再生)は可能か?
●住宅資金特別条項付個人再生をする場合の住宅に関する決まり
●住宅資金特別条項付個人再生をする場合の住宅ローンに関する決まり
●住宅資金特別条項付個人再生をする場合に住宅ローンの支払も軽減できるか?
banner_01.jpg
●HOME ●弁護士紹介 ●お客様の声 ●弁護士費用 ●アクセス

事務所概要

八戸シティ法律事務所・情報

kaigyousien.png
 

Access

詳しいアクセスはこちら

対応エリア

対応地域

青森県内の対応地域

八戸市、三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、新郷村

十和田市、三沢市、野辺地町、七戸町、六戸町、横浜町、東北町、六ヶ所村、おいらせ町

むつ市、大間町、東通村、風間浦村、佐井村

青森市、平内町、今別町、蓬田村、外ヶ浜町

弘前市、黒石市、平川市、西目屋村、藤崎町、大鰐町、田舎館村

五所川原市、つがる市、鰺ヶ沢町、深浦町、板柳町、鶴田町、中泊町

岩手県内の対応地域

二戸市、久慈市、一戸町、軽米町、九戸村、野田村、洋野町、普代村

  • ニュースレター
  • セミナー講演情報
  • セミナー・講演実績
  • セミナー・講演のご依頼

当事所の運営サイト

  • 交通事故専門サイト
  • 離婚専門サイト
  • banner.jpg

Google+      

八戸シティ法律事務所

NCビル外観

〒031‐0042 青森県八戸市十三日町1 ヴィアノヴァ6階 TEL:0120-146-111FAX:0178-38-9230 受付時間 平日 9:00〜17:00相談時間 平日 9:00〜17:00 夜間・土日祝応相談

Copyright (C) 八戸シティ法律事務所 All Rights Reserved.