20代の妻から、離婚のご相談をいただきました。妻自身の不倫が原因で別居状態となり、夫との離婚協議が難航していたことから、第三者の専門家に対応してもらいたいと、ご相談・ご依頼いただきました。

妻に弁護士が付いたのに対し、夫も弁護士に依頼し、弁護士同士の協議となりました。夫に付いた弁護士からは、「離婚には応じるが、慰謝料500万円を請求する」という意向が示されました。

当事務所は、要求された慰謝料500万円が相場を大きく超える金額であったため、夫に付いた弁護士に対し、減額を求めて交渉しました。その結果、別居時に妻が保有していた預金約100万円の財産分与を含めて、合計250万円を支払うことで協議離婚が成立しました。相場どおりの金額での解決に成功したのです。

ご依頼から解決まで、約3か月というスピード解決でした。また、支払金額もご希望の範囲内に収まったことで、お客様は大変満足しておられました。

【ご相談ください】
離婚についてお悩みの方、まずはご相談ください。離婚に関する相談は、初回無料です。

ご依頼いただければ、お客様の代理人として、離婚協議、離婚調停、離婚訴訟(裁判)にあたります。お客様に代わって、親権争い、慰謝料、財産分与、養育費などを含め、よりよい解決を図るための活動をいたします。

(ご注意)
八戸シティ法律事務所では、現在、多数の相談・依頼をいただいており、離婚問題については、緊急性の高い方を優先して相談・依頼を受け付けています。相手と別居をしておらず、今後も別居をする予定がないという方につきましては、相談・依頼をお受けしておりません。これに対し、相手と別居をしており、またはその予定があるという方につきましては、相談・依頼をお受けいたします。

●離婚に関する弁護士費用

離婚についてはこちらもご覧下さい

●離婚に関することでお悩みの方へ
●離婚の方法・手続について
●親権・監護権について
●面会交流(面接交渉)について
●養育費について
●子の引渡しについて
●人身保護法の適用(人身保護請求)について
●親権者変更について
●財産分与について
●慰謝料について
●年金分割について
●婚姻費用について
●保護命令について
●モラルハラスメント(モラハラ)について
●医師の離婚に特有の問題について
●経営者の離婚に特有の問題について
●公務員の離婚によるある問題について
●離婚協議の解決事例1
●離婚協議の解決事例2
●離婚調停の解決事例1
●離婚調停の解決事例2
●離婚訴訟(裁判)の解決事例1
●離婚訴訟(裁判)の解決事例2