代表弁護士

八戸シティ法律事務所の代表弁護士の木村哲也です。当事務所では、一緒に仕事をしていただける新人弁護士を募集しています。

昨今では、東京・大阪などの都市部を中心に、弁護士の競争が激化しています。東北地方で言えば、大都市の仙台が最も弁護士の競争が厳しくなっている状況です。今後は、大都市以外の地方都市でも、競争が激しくなっていくはずです。当事務所がある青森県でも、徐々に競争が激化していることを実感しています。

しかし、たとえ競争が厳しくなっていっても、お客様から支持される弁護士であれば、必ず生き残り、成長していくことができます。そのためには、専門性を高め、競合との差別化を図っていくことが、これからの弁護士に求められる要素であると私は考えています。

地方都市では、まだまだ「一般民事」と言って、要するに何でも屋というスタイルの弁護士が大半です。しかし、都市部では、これまで「一般民事」と一括りにされてきた交通事故、相続、離婚などの分野について、専門化が進み、専門性のある弁護士と、そうでない弁護士とで、大きな差が出てきています。今後は、青森や八戸といった地方都市でも、そのような流れになっていくことでしょう。

企業法務の分野であれば、地方都市の場合は、地元の中小企業のサポートが中心であり、特に労務、契約書の作成・チェック、債権回収において、弁護士の需要が高いと言えます。こうした企業関係の幅広いニーズに対応できる専門性が求められます。

また、全国にチェーン展開する法律事務所が、地方都市に進出してきていることもあって、競合との差別化をより一層意識していかなければならないでしょう。この点については、地域密着の弁護士、法律事務所として、チェーン型の法律事務所には到底真似のできない、丁寧・精力的で質の高い法的サービスを提供していくことが第一であろうと考えています。

司法修習生の皆様に弁護士として成長していっていただくためにも、専門性を伸ばしていける事務所、そして、しっかりとした仕事で多くのお客様から支持されている事務所で働いていただければと思います。

当事務所の採用情報はこちら

●採用情報
●代表弁護士から司法修習生の皆様へ
●司法修習生が就職する事務所を選ぶポイント
●当事務所の取扱事件の特色
●当事務所の教育体制
●先輩弁護士の声(勤務弁護士・山口龍介)
●募集要項&採用プロセス
●事務所訪問のご案内
●司法修習生向け 採用Q&A