八戸市に住む40代の公務員(男性)が、駐車場内での逆突事故に遭い、頚部挫傷、背部挫傷、右肩捻挫、腰部挫傷の傷害を負いました。

保険会社の対応に納得できず、また、後遺障害等級の認定手続を保険会社任せにするのではなく、きちんと被害者請求で行いたいとのことで、治療中(症状固定前)の段階から、当事務所にご相談のうえ、ご依頼いただきました。

当事務所は、症状固定となったあと、被害者請求により後遺障害等級の認定手続を行い、無事に14級9号の認定を獲得することに成功しました。その後、裁判基準による賠償額を算出し、保険会社との示談交渉を行いました。

保険会社は当初賠償金の減額を頼んできましたが、当事務所は減額には応じられないとして交渉しました。その結果、裁判基準による賠償総額350万円を受け取る内容で、示談することに成功しました。14級9号の認定を受けた自賠責からの75万円を含め、合計425万円を獲得することができました。

治療中(症状固定前)の段階からご依頼いただいたことにより、当事務所で後遺障害等級認定の被害者請求を行い、問題なく適正な14級9号の認定を獲得することができました。また、保険会社との示談交渉でも迅速な対応を徹底し、当事務所が請求額を提示してからわずか1週間で、裁判基準による示談に成功しまし た。

【ご相談ください】
交通事故についてお悩みの方、まずはご相談ください。交通事故の被害者側からの相談は、初回無料です。また、交通事故の被害者側からの相談は、任意保険の弁護士費用特約をお使いいただけます。任意保険の弁護士費用特約をお使いいただけば、1回目はもちろん、2回目以降も無料でご相談いただけます。 なお、交通事故の被害者側で一定の重大事故に該当する場合には、任意保険の弁護士費用特約が付いていないときであっても、2回目以降も原則無料でご相談いただけます。

ご依頼いただければ、お客様の代理人として、交通事故に関する示談交渉、訴訟(裁判)などにあたります。お客様に代わって、お客様のご希望を実現し、よりよい解決を得るための活動をいたします。また、交通事故の被害者側は、ご依頼にあたっても、任意保険の弁護士費用特約をお使いいただけます。

(ご注意)
八戸シティ法律事務所では、交通事故の被害者側のサポートに注力しているため、加害者側および自損事故を起こされた方からの相談・依頼は原則としてお受けしておりません。また、交通事故の被害者側であっても、物損事故のみで任意保険の弁護士費用特約が適用されない場合には、費用倒れとなる可能性が高いことから、相談・依頼はお受けしておりません。

●交通事故に関する弁護士費用
●重大な事故の場合の弁護士費用(交通事故)

交通事故についてはこちらもご覧下さい

●交通事故の被害でお悩みの方へ
●解決までの流れについて(交通事故の被害者側)
●損害賠償の範囲について・その1(人身損害)
●損害賠償の範囲について・その2(物的損害)
●後遺障害(後遺症)について
●損害賠償額の3つの基準について
●過失相殺について
●素因減額について
●弁護士の役割について(交通事故の被害者側)
●弁護士費用特約について
●交通事故(被害者側)の解決事例1
●交通事故(被害者側)の解決事例2