弁護士の役割

ご自身、ご家族などが交通事故の被害にあえば、「交通事故の被害にあったが、どうすればよいか」、「保険会社から示談の提示があったが、妥当な金額かどうか」、「保険会社の提示額に納得できない」など、いろいろなお悩みが出てくることと思います。弁護士は、こうしたお悩みに対し、次のような役割を果たします。

法律相談

弁護士は、交通事故に関するご相談をいただければ、いろいろなアドバイスをすることができます。例えば、「交通事故の被害にあったが、どうすればよいか」とお悩みであれば、当面の対応、今後の流れ、加害者に対してどのような請求ができるかなどをご説明いたします。また、「保険会社から示談の提示があったが、妥当な金額かどうか」、「保険会社の提示額に納得できない」とお悩みであれば、保険会社の提示額が妥当かどうか、示談交渉または訴訟(裁判)によって増額が見込めるかどうかなどをお答えいたします。

後遺障害(後遺症)等級の認定手続(被害者請求)

八戸シティ法律事務所では、後遺障害(後遺症)等級の認定前から交通事故に関するご依頼をいただいている場合、弁護士がお客様の代理人として、後遺障害(後遺症)等級の認定手続を行います(被害者請求)。

●後遺障害(後遺症)について

示談交渉

弁護士は、交通事故に関する示談交渉をご依頼いただければ、お客様の代理人として、保険会社または加害者との示談交渉にあたります。

訴訟(裁判)

保険会社または加害者との示談交渉による適正な解決が難しいときは、交通事故に関する損害賠償請求の訴訟(裁判)を裁判所に提起し、解決を求めることとなります。弁護士は、交通事故に関する訴訟をご依頼いただければ、お客様の代理人として、訴訟手続を行います。

弁護士に依頼するメリット

弁護士に対し、交通事故に関する示談交渉、訴訟を依頼すると、次のようなメリットがあります。

損害賠償の額を上げることができる

人身障害に関する損害賠償の算定において、保険会社が提示額を決めるときに用いる独自の基準と、裁判所が損害額を認定するときに用いる基準とは、大きく異なります。裁判所が用いる基準によるほうが、高額になります。数百万円から数千万円もの開きがあることも、珍しくありません。

保険会社は、一般の方と示談交渉するときは、保険会社が用いる独自の基準に基づき、損害賠償の額を提示してきます。これに対し、示談交渉の依頼を受けた弁護士は、裁判所が用いる基準に基づき、損害賠償の額を主張していきます。そうすると、保険会社は、裁判所が用いる基準を熟知している弁護士が介入したことを受け、訴訟の可能性を見据えた提示額の再考を余儀なくされ、提示額を上げてくることも少なくありません。

これに対し、一般の方がインターネットなどで自分で裁判所が用いる基準を調べ、保険会社に対し、裁判所が用いる基準による損害賠償額を主張して、示談交渉をされるケースがまま見られます。しかし、保険会社は、一般の方が相手では、わずかな金額の上乗せをしたとしても、被害者が納得できるような本格的な増額に応じることはまずありません。弁護士が介入してはじめて、訴訟(裁判)の可能性を見据えた本格的な増額を検討するのです。

このように、弁護士に依頼すれば、より多くの損害賠償を得ることが期待できるのです。

●損害賠償額の3つの基準について

適切な後遺障害(後遺症)等級の認定を迅速に受けることができる

八戸シティ法律事務所では、治療中の段階(症状固定前)からも、交通事故に関するご相談・ご依頼をお受けしており、ご依頼いただいた場合は、弁護士がお客様の代理人として、後遺障害(後遺症)等級の認定手続を行います(被害者請求)。これにより、加害者側の保険会社が後遺障害(後遺症)等級の認定手続を行う (事前認定)よりも、迅速に手続を進めることができますし、加害者側の保険会社が不利な認定結果となるように工作するのを防止することができ、適切な認定結果を得ることができます。

●後遺障害(後遺症)について

交渉の負担から解放される

交通事故の被害にあえば、肉体的、精神的に大きなダメージを受けることと思います。また、一般の方と保険会社とは、交通事故に関する情報量がまったく違います。自ら示談交渉をすることは、大きな不安、困難がともなうことでしょう。

弁護士に依頼すれば、弁護士がお客様のかわりに矢面に立ち、保険会社または加害者と交渉することになります。弁護士に対応を一任し、自ら交渉する負担から解放されるというメリットがあるのです。

複雑な訴訟手続に対応できる

保険会社または加害者との示談交渉による適正な解決が難しいときは、損害賠償を請求する訴訟を裁判所に提起することになりますが、その手続は、一般の方にとっては簡単なものではありません。

弁護士は訴訟手続の専門家です。弁護士に依頼すれば、複雑な訴訟手続に難なく対応することができます。

【ご相談ください】
交通事故についてお悩みの方、まずはご相談ください。交通事故の被害者側からの相談は、初回無料です。また、交通事故の被害者側からの相談は、任意保険の弁護士費用特約をお使いいただけます。任意保険の弁護士費用特約をお使いいただけば、1回目はもちろん、2回目以降も無料でご相談いただけます。なお、交通事故の被害者側で一定の重大事故に該当する場合には、任意保険の弁護士費用特約が付いていないときであっても、2回目以降も原則無料でご相談いただけます。

ご依頼いただければ、お客様の代理人として、交通事故に関する示談交渉、訴訟(裁判)にあたります。お客様に代わって、お客様のご希望を実現できるよう、戦います。また、交通事故の被害者側は、ご依頼にあたっても、任意保険の弁護士費用特約をお使いいただけます。

(ご注意)
八戸シティ法律事務所では、交通事故の被害者側のサポートに注力しているため、加害者側および自損事故を起こされた方からの相談・依頼は原則としてお受けしておりません。また、交通事故の被害者側であっても、物損事故のみで任意保険の弁護士費用特約が適用されない場合には、費用倒れとなる可能性が高いことから、相談・依頼はお受けしておりません。

●交通事故に関する弁護士費用
●重大な事故の場合の弁護士費用(交通事故)

交通事故についてはこちらもご覧下さい

●交通事故の被害でお悩みの方へ
●解決までの流れについて(交通事故の被害者側)
●損害賠償の範囲について・その1(人身損害)
●損害賠償の範囲について・その2(物的損害)
●後遺障害(後遺症)について
●損害賠償額の3つの基準について
●過失相殺について
●素因減額について
●弁護士の役割について(交通事故の被害者側)
●弁護士費用特約について
●交通事故(被害者側)の解決事例1
●交通事故(被害者側)の解決事例2