労働災害とは

労働者が業務中の事故によって負傷してしまったり、場合によっては死亡してしまう災害のことを、労働災害(労災)といいます。

例えば、「業務中に機械に挟まれ、大怪我をしてしまった」、「荷物を積み込もうとしたところ、積荷が大きく揺れて激突された」、「高所での作業を行っていたところ、足を滑らせて転落してしまった」などです。

労災保険

労働災害には様々なものがありますが、業務中の事故によって負傷・死亡した場合、労働者側は休業補償給付などの労災保険給付の請求を行うことができます。

ところが、労働者側が労災保険の申請をしようとしたとき、会社(事業主)は、「労災保険の保険料を支払っていない」、「労働基準監督署の立ち入りが怖い」など、会社都合の理由によって、労災保険の申請を拒否することがあります。

しかし、労災保険の適用は労働者側に与えられた「権利」ですので、このような会社(事業主)の都合による労災申請の拒否はあってはならないことです。

労災申請を会社(事業主)に断られた場合は、弁護士にご相談されることをお勧めします。弁護士に依頼すれば、弁護士がお客様の代理人として、迅速に、適切な労災保険の適用を受けられるようにサポートいたします。

安全配慮義務違反に基づく損害賠償

労働災害が発生した場合、安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求が問題となることもあります。
●安全配慮義務について(労働災害)
●損害賠償額の計算方法について(労働災害)

【ご相談ください】
労働災害についてお悩みの方、まずはご相談ください。労働災害に関する労働者側からの相談は、初回無料です。

ご依頼いただければ、お客様の代理人として、労災保険の適用を受けられるようにサポートいたします。また、安全配慮義務違反に基づく損害賠償の問題にも対応いたします。

●労働災害に関する弁護士費用

労働災害(労災)についてはこちらもご覧下さい

●労働災害(労災)の被害でお悩みの方へ
●労働災害について
●安全配慮義務について(労働災害)
●損害賠償額の計算方法について(労働災害)