2019年2月21日、八戸シティ法律事務所の主催で、地域の企業・法人を対象とする第9回企業法務実務セミナー「社員の退職時に発生しやすいトラブルへの対処法」を開催いたしました。

社員の退職時には、様々な労働問題が発生するリスクが潜んでいます。今回の企業法務実務セミナーでは、代表弁護士・木村哲也が講師を務め、社員の退職時に発生しやすいトラブルのうち、①退職時の引継トラブルの防止、②会社が負担した資格取得費・研修費の返還請求の方法、③問題社員の解雇・退職勧奨の方法、④競合他社への就職・顧客の引き抜きの防止の4つをテーマに解説させていただきました。

ご参加いただいた人数は30名を超え、今回の企業法務実務セミナーも大変盛況でした。労働問題をはじめとする企業・法人が直面し得る法律問題については、トラブルが発生してからの解決を図ることはもちろんですが、トラブルになることを予防するための対策を取ることが非常に重要となります。今回のセミナーでお話しさせていただいたことが、ご参加いただいた企業・法人様のトラブル防止のための一助となれば幸いです。

【講演内容】
1 退職時の引継トラブルの防止
(1)有給休暇のルール
(2)引継義務を履行しないことに対する懲戒処分
(3)有給休暇の計画的取得・未消化分の買い上げ
(4)休日出勤の職務命令
2 会社が負担した資格取得費・研修費の返還請求の方法
(1)返還請求が認められるかどうかの判断基準
(2)返還請求が認められなかった失敗例
(3)返還請求が有効とされるためのポイント
3 問題社員の解雇・退職勧奨の方法
(1)注意・指導から退職勧奨までの流れ
(2)成績不良社員への対応方法
(3)懲戒事由がある社員への対応方法
(4)裁判例から学ぶ退職勧奨を行う際のポイント
4 競合他社への就職・顧客の引き抜きの防止
(1)競合他社への就職禁止が有効とされるための条件
(2)合意書・誓約書・就業規則等のツールの整備
(3)顧客の引き抜きを防止するための二重の備え