【表面】(PDF233kb)

【裏面】(PDF184kb)

表面の内容

企業が講じるべきハラスメント対策について

昨今、企業におけるハラスメントの問題が注目されています。2019年5月に労働施策総合推進法の改正によりパワーハラスメント(パワハラ)の禁止と企業の防止措置が義務付けられました。これを受けて、厚生労働省は同年10月に企業が講じるべきパワハラ対策の指針案を公表し、同年11月に労働政策審議会で了承されました。今月号のニュースレターでは、企業が講じるべきハラスメント対策のポイントをご説明いたします。

1 事業主の方針等の明確化およびその周知・啓発
ハラスメントに関する事業主の方針等の明確化としては、就業規則等の服務規律・懲戒規定等にハラスメントの禁止を定めることなどが考えられます。また、ハラスメントに関する事業主の方針等の周知・啓発としては、社内報・パンフレット・社内ホームページ等にハラスメントの禁止を記載・配布して周知することや、ハラスメントに関する研修・講習等を実施して啓発することなどが考えられます。

2 相談体制の整備
ハラスメントに関する相談体制の整備として、社内または社外の相談窓口を設置し、従業員に周知することが考えられます。相談に対応する担当者を定めること、相談に対応するための制度を整備すること、相談窓口の担当者のためのマニュアルを作成することなどが必要となります。ハラスメントの被害者が委縮するなどして、相談を躊躇する例もあることなどにも配慮する必要があります。

3 迅速かつ適切な事後対応
ハラスメントに関する相談があった場合には、まずは事実関係の迅速かつ正確な調査を行わなければなりません。当事者のプライバシーや相談者の心身の状況にも適切に配慮し、慎重に調査を進めることが必要となります。相談者と行為者との間で事実関係に関する主張に不一致があり、事実関係の確認が十分にできない場合には、第三者(目撃者など)からのヒアリングなどの措置が必要となるでしょう。そして、調査の結果、ハラスメントの事実が確認できた場合には、加害者に対する懲戒処分、配置転換、加害者からの謝罪等の必要な措置を講じることが必要です。また、改めてハラスメントに関する事業主の方針等の周知・啓発を行うなど、再発防止策を講じなければなりません。

以上のように、企業が講じるべきハラスメント対策には、様々なものがあります。パワハラ防止措置を義務付けた改正労働施策総合推進法は、2020年4月から大企業で施行され、中小企業でもその後2年以内に義務化される見通しです。企業としては早めに対応に着手する必要があります。ハラスメント対策についてご不明のことなどがありましたら、お気軽に当事務所にご相談ください。

裏面の内容

今月号のニュースレターでは、当事務所の最近の活動といたしまして、①第12回企業法務実務セミナー「2019年最新版ハラスメントリスク講座」を開催したこと、②保険代理店向け勉強会「物損交通事故における過失割合と損害論」を開催したことについて、ご報告させていただきます。

1 第12回企業法務実務セミナー「2019年最新版ハラスメントリスク講座」
2019年11月14日、当事務所の主催で、第12回企業法務実務セミナーを開催いたしました。このセミナーは地域の企業様を対象とするものであり、今回のテーマは「2019年最新版ハラスメントリスク講座」でした。

近年では、ハラスメントをめぐる法的トラブルは増加傾向にあり、企業としてはリスク対策を講じることが必要です。また、2019年5月、労働施策総合支援法が改正され、パワーハラスメントの禁止と企業の防止措置が義務付けられるなど、ハラスメント問題は注目を集めています。

講師を務めた代表弁護士・木村哲也から、ご参加いただいた皆様に対し、ハラスメントの概要および具体例、ハラスメントの対処法・予防策について、解説をさせていただきました。

2 保険代理店向け勉強会「物損交通事故における過失割合と損害論」
2019年11月21日、当事務所の主催で、保険代理店向け勉強会を開催いたしました。この勉強会は地域の保険代理店様を対象とするものであり、今回のテーマは「交通事故における過失割合と損害論」でした。

交通事故には物損事故と人身事故とがあるのですが、発生件数としては物損事故の件数が人身事故の件数の数倍にのぼります。今回の勉強会は、物損事故に日々関わることの多い保険代理店様向けに、情報提供および交流の場として企画させていただいたものです。

メインの講師を務めた代表弁護士・木村哲也から、ご参加いただいた皆様に対し、物損交通事故における事故状況の立証方法や過失割合の認定方法について、当事務所の過去の解決事例の紹介を交えながら、解説させていただきました。また、弁護士・山口龍介から、物損交通事故における損害の内容・額に関し、よく問題となる論点について、簡単に紹介させていただきました。

ご相談のご予約
●HOME  ●弁護士紹介  ●お客様の声  ●弁護士費用  ●アクセス