【表面】(PDF224kb)

【裏面】(PDF 203kb)

表面の内容

不倫慰謝料を請求する際に必要となる証拠

不倫慰謝料を請求する際には、不倫の事実があったことの裏付けが必要であり、不倫の事実を客観的に証明できる証拠が必要となります。そこで、今月号のニュースレターは、不倫慰謝料を請求する際に必要となる証拠について、ご説明させていただきます。

1 証拠はなぜ必要か?
不倫慰謝料を請求する場合には、相手方が不倫の事実を否定してきた場合に備えて、不倫の事実を証拠によって証明できるようにしておかなければなりません。当初は相手方が不倫の事実を認めていたものの、後になってから一転して、不倫の事実を否定して争ってきたというケースも実際にあります。そのため、相手方が不倫の事実を認めているという場合であっても、十分な証拠を確保しておくことが理想的です。

2 どのような証拠が必要となるのか?
不倫の証拠としては、2人でホテルに入ったところを撮影した写真やビデオが代表的です。また、それ以外でも、相手方が不倫の事実を認めたことが分かるメールや書面(手紙、誓約書など)、性行為の様子や肉体関係があったことを前提とする内容が記載されたメールやLINEなどは、不倫の事実を客観的に証明できる証拠となります。

3 証拠についての注意点
ただ単に仲良くしているような内容のメールやLINE、あるいは2人で写っているだけの写真では、不倫の証拠としては弱いです。証拠として弱いというのは、不倫慰謝料を請求して、結果的に交渉でうまく解決できればよいですが、不倫の事実の存在を争われるなどして裁判となった場合には、良い結果は期待できないということです。

裁判では、直接的な証拠であることが求められます。第三者を「不倫があったことは間違いない」と説得できるものでなければ、良い結果は期待できないということです。メールやLINEであれば、単に頻繁なやり取りがあったというだけでは不倫の証拠にはなりませんし、あいまいな表現では足りず(様々な言い訳をされてしまう)、肉体関係があったと分かるようなかなり直接的な単語が用いられていなければ、不倫の事実を証明することは難しくなります。また、写真については、相当親密であることが第三者から見ても分かるような様子でないと、不倫の証拠としてはかなり弱いです。

当事務所でも、法律相談の際に、「間違いなく不倫している。証拠のメールや日記もある」というお話をお聞きして、実際にメールや日記を確認すると、弁護士から見れば「不倫の事実を証明する証拠としては弱い」と感じることが、しばしばあります。不倫慰謝料を請求する際には、不倫の事実を裏付けるための十分な証拠があるかの検討がまずは必要となります。皆様の周りに不倫慰謝料を請求することをお考えの方がいらっしゃいましたら、当事務所をご紹介いただければと存じます。

裏面の内容

本年も第1四半期が終わり、新年度に入りました。今月号のニュースレターでは、当事務所の近況といたしまして、①当事務所のメンバー全員で全体会議を実施したこと、②第2回「社会保険労務士向け勉強会」を開催したことをご報告させていただきます。

1 全体会議
2019年3月8日、当事務所のメンバー全員で全体会議を実施いたしました。この全体会議は、当事務所のメンバーと業務改善などについて協議し、課題解決のための実施事項を検討するためのもので、毎年3月ころに実施しております。

本年の全体会議でも、当事務所のメンバーから様々な意見が出され、業務の増加に対応するための事務職員の増員、社用車の増台について決定されたほか、各弁護士のスケジュールを事務所全体で共有できる仕組みが作られることとなりました。

当事務所は、本年10月26日で設立10周年を迎えることとなります。そして、設立10周年の節目に事務所の法人化を行う予定であり、少しずつ準備を進めているところです。事務所の法人化に向けて、組織体制の整備・強化を速やかに進めて参りたいと存じます。

2 第2回「社会保険労務士向け勉強会」
2019年3月27日、当事務所の主催で、第2回「社会保険労務士向け勉強会」を開催いたしました。今回のテーマは、「本当は怖い!労働時間管理と残業代」でした。

企業・法人が退職した従業員から未払い残業代を請求されるトラブルが、近年では増加しています。労働者側の残業代請求を支援する弁護士が、インターネットなどで大々的に広告を行って依頼案件を多数集めており、企業・法人側としては適切な残業代対策を講じていくことが求められています。残業代トラブルへの対策としては、固定残業代や変形労働時間制など残業代を抑制するための制度を導入すること、労働時間管理や業務効率化によって労働時間の減少を図ることなどが考えられます。勉強会の講師は代表弁護士・木村哲也が務め、上記のような残業代問題の防止策に関する解説や、当事務所が過去に取り扱った残業代請求の事例紹介をさせていただきました。