【表面】(PDF 576kb)

【裏面】(PDF 523kb)

表面の内容

不倫慰謝料の金額の相場

不倫慰謝料の問題は、最も典型的な男女トラブルの一つであり、当事務所でも多数のご相談・ご依頼案件を取り扱っております。今回のニュースレターでは、不倫慰謝料の金額の相場についてご説明させていただきます。

1 不倫慰謝料の金額
慰謝料とは、違法な行為によって精神的苦痛を被ったことに対する損害賠償金です。慰謝料の金額とは、精神的苦痛の程度を金銭に換算することを意味しますが、一律に決められるものではありません。もっとも、過去の裁判例などを踏まえると、実務上は、不倫によって離婚するに至った場合には、150万円から200万円くらいが相場となっています。他方で、離婚にも別居にも至っていない場合には、50万円から100万円くらいとされることが多いように思われます。その上で、具体的な慰謝料の算定に当たっては、個々のケースごとに諸般の事情が考慮されて判断されることになります。

2 慰謝料の算定に当たって考慮される要素

慰謝料の算定に当たって考慮される要素を、以下でいくつか紹介させていただきます。

① 不倫当時の夫婦関係
結婚期間が長い場合には、一般には慰謝料の金額が高くなります。逆に、結婚期間が短い場合には金額が低くなる場合があり、不倫の前から既に夫婦が別居状態で夫婦関係が破綻していた場合には、そもそも慰謝料の請求が認められないこともあります。

② 不倫の状況
不倫の期間が長い場合や回数が多い場合には金額が高くなります。また、不倫した者との間で子どもができた場合には、特に金額が高くなります。他方、離婚するに至った場合でも、不倫が1回きりであれば、100万円前後となることもあります。

③ 被害者(不倫された方)の事情
不倫によって、被害者がうつ病などの障害を負った場合には、慰謝料の金額が高くなることがあります。他方で、被害者が暴力やモラハラをしていた場合や、被害者自身も不倫をしていた場合には、慰謝料の金額が低くなる可能性があります。

3 弁護士にご相談ください

不倫慰謝料の金額の算定に当たっては、ここでご説明させていただいた事情以外にも、様々な事情が考慮されます。また、慰謝料を請求するに当たっては、慰謝料の金額面はもちろん、証拠を収集・確保することも重要となります。さらに、相手方との示談交渉や訴訟に臨む際には、自分一人で対処していくことは大きな負担や不安を伴います。まずは弁護士にご相談いただくことが解決の近道となりますので、皆様の周りに不倫慰謝料の問題でお悩みの方がいらっしゃいましたら、当事務所をご紹介いただければと存じます。

裏面の内容

今月号のニュースレターでは、当事務所の近況といたしまして、①司法試験受験生および法科大学院生を対象とするサマークラークを開催したことと、②当事務所が運営する各ホームページのリニューアルの状況について、ご報告させていただきます。

1 サマークラークの開催
2018年9月6日・7日の2日間、司法試験受験生と法科大学院生を対象にサマークラークを開催いたしました。

サマークラークとは、司法試験受験生および法科大学院生を対象とする夏期休暇中の短期間の研修制度のことを指します。当事務所では、サマークラークの募集に対して応募があった中から、司法試験受験生4名と法科大学院生1名の合計5名を採用し、上記の2日間の日程でサマークラークを実施いたしました。

サマークラークのメニューとしては、1日目はサマークラーク参加者と当事務所の弁護士・事務職員との座談会、法律事務所の業界動向や当事務所の取扱業務に関する解説講座、講座終了後には懇親会を行いました。2日目のメニューは、サマークラーク参加者に当事務所出題の課題に取り組んでもらったあと、八戸市内の各所を案内する観光の時間としました。

当事務所のサマークラークは、今回が初めての開催でしたが、参加者が5名とも当事務所が用意したメニューや課題に積極的に参加していただき、大変充実した2日間となりました。来年以降も、サマークラークの取り組みを継続し、法律家を目指す人たちに八戸市や当事務所のことを知っていただくことで、新人弁護士の採用に繋げていければと考えております。

2 各ホームページのリニューアルの状況
当事務所では、現在、事務所ホームページ、交通事故専門ホームページ、離婚専門ホームページ、不倫慰謝料専門ホームページ、相続専門ホームページの5つのウェブサイトを運営しております。

ここ数年で、スマートフォン(スマホ)が急速に普及したことにより、パソコンでウェブサイトを閲覧する人の割合よりも、スマホで閲覧する人の割合の方が高くなっており、当事務所の各ホームページの閲覧状況も例外ではありません。そして、代表的な検索エンジンであるGoogleのページ評価基準において、スマホでの閲覧に適したウェブサイトを高評価とすることや、SSL対応(インターネット上での通信を暗号化する技術)したウェブサイトを優遇することなどが公表されました。

そこで、当事務所でも、各ホームページをスマホで閲覧される方々の利便性を考慮し、また、上記のGoogleのページ評価基準に対応するために、各ホームページのリニューアルを行いました。リニューアルの作業は最近一応完了したばかりであり、リニューアルに伴う不具合の修正や細部の調整を鋭意進めているところでございますが、今後とも各ホームページの改善に努めながら、皆様に有益な情報を発信して参りたいと存じます。